ファクタリング時の仕訳はどのようにすればいい?

ファクタリングは売掛債権を資金化することで早期に資金調達を行うことなどを目的に行われています。こうしたファクタリングを行う場合、仕訳という点ではどのように処理すればいいのでしょうか?そこで、まずは仕訳というのは何かのかということについてご紹介した後、ファクタリング時の仕訳やこの方法を用いる上での財務上のメリットについてご紹介してみたいと思います。

・取引の要素を分類するのが仕訳
仕訳とは、取引の要素を借方と貸方に分けて左右に分類し、勘定科目と金額の内容を仕訳帳に書く会計の作業のことを言います。簿記上の取引では、全ての勘定は借方と貸方に分けられますので、仕訳は取引を2つの側面から眺めて、何が増えて何が減ったかをはっきりさせることができるのです。商品仕入れを現金で行った時は、借方には仕入、貸方には現金という勘定科目等を記し、仕入の費用が増加して、現金という資産が減ったということを示しているのです。
仕訳は、取引が発生した時に、その取引を貸借対照表の勘定科目で分類する処理方法ですが、借方には資産と費用を、貸方には収益と負債を分類することになっています。そして、基本的には仕訳は取引の発生する都度記載されるというルールがあります。勘定科目にどんな取引が行われたのかということをデータとして蓄積していくことで、売り上げや仕入れの状態や、現金・売掛金などの全体的な状況を知るのに役立ちます。
取引が行われるたびに記載される仕訳は、1年分蓄積し資産と負債がわかるようになったものが貸借対照表といわれます。そして、利益と損失がわかる資料は損益計算書といわれます。特に、貸借対照表は会社がどんな財務状況なのかを示す重要な資料で、会社経営ではできる限り負債の少ない状態を目指すことが大切なのです。
さらに、ファクタリングを行うことで、貸借対照表の見栄えが良くなると言われています。ファクタリングが売掛債権を資金化することであり、例えば200万円の取引の売掛債権が発生し、ファクタリングを利用した時にはそのように貸借対照表に記入するのかをご紹介してみましょう。

・ファクタリング時の仕訳
商品を販売し、売掛債権が200万円生じたとすると、仕訳は借方に売掛金(資産増)200万円、そして貸方が売上(利益)200万円となります。もしそのまま通常通り決済され、ファクタリングを用いない場合は、借方が現金(資産増)200万円、そして貸方が売掛金(資産減)200万円となります。
その代り、早期に資金化を図りたいなどの理由からファクタリングが行われた場合はどうなるのでしょうか?ファクタリングを行う時には基本的に手数料が必要になります。そこで、ファクタリング手数料を20%としてご紹介しましょう。まず、借方が未収金(資産増)160万円 売掛債権売却損(費用)40万円となります。そして、貸方が売掛金(資産減)200万円となります。ただこの場合、ファクタリングを行って実際に現金が入金されるまではキャッシュになるというわけではありません。実際にファクタリング代金の入金があった時に、借方が現金(資産増)160万円 貸方が未収金(資産減)160万円になります。つまり、未収金分が現金に変わると考えられているのです。
ファクタリングを行うと、貸借対照表をスリムにすることができることが大きなメリットだと言われています。しかし、同時に手数料の発生によって収益が圧迫されてしまうというリスクもあります。そうはいっても、売上の債権を早期に現金にすることができますので、資金繰りが行いやすくなるというメリットがあります。
この時、貸借対照表に未収金という形で貸方に記載しますが、未収金は未払い金とどう違うのでしょうか?この点については、未収金は本来の業務以外の取引で生じた債権を処理するための鑑定科目で、例えば土地や建物となどの売却や、株券などの売却などが挙げられます。こうした固定資産や有価証券を売却したけれども代金はまだ未収という時に用いられる言葉です。この未収金は商品売買とは違っていますので、掛けという約束のものではないということが特徴といわれています。
さらに、売上債権売却損は、売掛債権を譲渡したり買い取りしてもらった時に発生する損失のことをいいます。売上債権売却損はファクタリング会社へ支払う手数料などの費用のことです。また、別の名前で処理される場合もあり、支払手数料や雑損失、そして債権割引料といった項目で仕訳がなされる場合もあります。

・オフバランス化のメリットが得られる
ファクタリングは手形取引の減少などで、資金ショートが起こりやすくなるのを避けるための資金調達手段の1つとしてもちられたりしています。このファクタリングを用いると資産のオフバランス化が図れると言ったメリットなどもあります。
オフバランス化では、計上される資産と負債が賃借対照表から消え、会計上、会社がより健全化されるという利点があります。ファクタリングはこうした借貸対照表のオフバランス化を行うことができるようになっているのです。例えば、銀行の融資を申し込むという場合、賃借対照表では売掛債権は負債と考え、売掛金入金を待つ時、賃借対照表では売掛金として記載されることになります。それに対して、ファクタリングは、資金化がされているため、負債や売掛金としては扱われることはなく、本来なら資産として計上されていた分を資産から外します。そうすることで、総資産額が減少して、総資産利益率や自己資金比率が向上することになります。総資産利益率と自己資金比率は次のように計算され、総資産利益率は当期純利益を総資産で割って得られますし、自己資金比率は自己資本を総資産でわったものになります。これらの総資産利益率や自己資金比率には企業の安定性を示しています。そして、この比率が高いとより安定性のある会社だと見てもらえるのです。
ファクタリングサービスを用いて売掛債権を現金に換えることで、売掛金項目をなくして、総資産額を減少させることができ、その結果、総資産利益率や自己資金比率が高くなります。これらの数字は銀行の融資の審査でチェックされる数字になりますので、ファクタリングを行ってこれらの数字を向上させることで銀行融資の審査でも有利になることが期待できます。こうしたメリットが得られることがファクタリングの長所です。

けれども、ファクタリングにはデメリットもあります。やはり一番大きなデメリットは手数料がかかるということです。ファクタリング手数料が引かれるため、利益が少なくなるということになります。したがって、キャッシュフローを改善するのか、手元に残る利益の方に比重を置くのかは経営する上でも悩見所ともいえます。

・まとめ
ファクタリングは売掛債権を譲渡することで資金化を図るという方法です。ファクタリングは通常の売掛金の支払いを仕訳するのとはまた違った取り扱いが必要とされています。ファクタリングという方法を用いると財務的により健全化が図れると言ったメリットなどがあり、売掛金項目をなくして総資産額を減少させることが可能となり、総資産利益率や自己資金比率が高くなるというメリットが得られます。しかし、手数料がかかるため、できるだけ手数料がリーズナブルな方法で資金化を図ることは大切なポイントです。